NPO法人「らしく並木」からのお知らせ

並木の鳥瞰写真

まちの交流拠点開設
WELCAFE
設  立  趣  旨  書

 私達の住んでいる横浜市金沢区並木1〜2丁目を主とする金沢シーサイドタウンは、 横浜市の六大事業の一つとして開発された。集合住宅団地で、入居開始以来既に20年を超えました。
当時最先端のアーバンデザインを駆使して計画された街並みは、住民の努力もあって緑も増え、今なお整然と美しく保たれています。
しかし、各地の郊外住宅団地の例に違わず、この地区も少子高齢化が急速に進行していま す。現在の傾向が変わらなければ、10年後には超高齢地区となることは避けられません。 デザイン的には恵まれた団地ですが、エレベーターのない中層集合住宅や随所にみられる段 差、また住宅内部のしきりなど、いずれ改善を要する部分は多く見受けられます。しかし、 標準以上の住環境との評価から、こうした問題への公的なケアはまず考えられません。これ に加えて高齢者へ援助や介護、生きがいの検索などのソフト面での対策も今以上に必要と となってきます。
 一方、少子化により小中学校の行事や学習活動の支援、若い世代の流出なども増加してお り、まちの活気は低下しています。また、商店街の空き店舗の増加や隣接する工業団地の低 迷など、並木の内外では経済的社会的な問題も発生しています。
このように、今日、郊外住宅地団地で暮らしつづけるには、多くの不便と不安を強いられる ようになってきています。しかし、私達の行った調査では、住民の多く、特に高齢者ほどこ のまちに住み続けたいと希望していました。
 この美しいまちの歴史を尊重して住み続けるためには、並木をバリアフリー化し住みやす い街とするための再整備、また、生涯学習や学校での授業支援、子育て支援など世代間の交流も目指した活動、さらには並木周辺地区を含む都市計画的な問題への提言など、多面的な視点での活動が望まれますが、これは地域が主体となって考えていかなければならない課題です。そのためには、総合的な方策を講じることのできる組織を設立することが必要であると痛感しています。
 私達は今日まで、並木の良さを発見する活動をしてきましたが、今日抱えている多くの問 題を危惧し、どの世代も楽しく不自由なく暮らせるような具体的な対策を立て実行していく ことが必須と思いました。そして、私達の活動を多くの人に知ってもらい、参加あるいは 利用してもらうために、単なるボランティア団体ではなく、特定非営利活動法人として活動 していくことが望ましいと考えています。
法人の名称 特定非営利活動法人 らしく並木
設立代表者 福島 富士子
事業の内容

貸借対照表
まちづくり部門
設立記念講演会 並木と富岡をつなぐ八幡様
並木コミュニティカレッジ開講
2009年度
B舞岡公園の見学
A農業工場の必要性と難しさ
@「空」の港 よこはま
2008年度
E地域の元気づくり応援<講座
C里山を守る
B慶珊寺
A和田町に学ぼう!コミュニティ・ビジネス
2007年度
@富岡の故事を歩く
A鳥浜に行ってみよう
B人生の最後に備えて
C地震!そのとき並木は
D「人間野口英世」と長浜検疫所
2006年度
@巨大風車の謎
Aワインでまちおこし
B並木の人口はどうなるの
C富岡の故事を知る
2005年度
@並木の未来を考える
Aまちの運営のしかた
Bパソコン教室
Cまちを再生する
D歴史講座パートU

現地見学会
農業工場の見学(上田市)

介護部門
運営規程
介護部門のご案内
訪問介護サービス・居宅介護サービス 情報保護方針等
「口腔ケアの基本的知識を学ぶ」〜摂食・嚥下のメカニズム〜
免疫力を高める献立
介護食の基礎知識
<車椅子体験と利用者懇親会

協力事業
富岡総合高校協力
家族が介護が必要になった時
並木地域ケアプラザ協力:
車イスで街探検しよう


会員の募集

趣意書にご賛同いただいた方へ入会のご案内をいたします。

  1. 入会金 正会員 3,000円 賛助会員 0円
  2. 年会費 正会員 2,000円 賛助会員 1口1,000円(1口以上)
  3. 申し込み方法:電話 045−791−7690 FAX 045−791−7691